<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神職家臣の設定
詠唱きれたから、次家臣が詠唱するはず!

という局面なのに、詠唱がこない~
ということありませんか?

それは
神職家臣のターンで「詠唱付与・四」を使えるだけの気合がないため、下位優先度の行動に移ってしまう
が原因かもしれません。

神職家臣が死んでkpもきた、蘇生したのに詠唱がこない、という場面とか。


詠唱に限らず、これだけは最優先でやってもらうという、行動は
たいてい上位に設定されていると思いますが、その下に待機をはさんでみましょう。

Nol121225a.jpg

今回は気合切れが原因なので、自身の気合を条件に待機。
「詠唱付与・四」の気合は1080なので、家臣の総気合から計算して、条件の割合を決めます。

詠唱いけるだけの気合は確保して次の行動選択をしてくれるので
気合がなく詠唱しなかった、というのは防げます。


他にも、たとえば
低気合物理アタ家臣で、敵が○体以上のときはkp2いけるだけの気合は確保してアタックさせる、とか
いろいろ応用できますね。

関連記事

テーマ : 信長の野望online-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

茶店

Author:茶店
信長の野望Online系

鎧鍛冶や密教をやってます。

内輪ネタ的なものが多いかも。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。